うつ病で何科の病院を受診すべきか迷った時には、まずは総合病院へ

 

迷ったら総合病院

 

うつ病を発症すると、やる気が出ない・不安になる・感情がないなど精神的な症状だけではなく、手足が震える・吐き気がする・眠れないなど身体的な症状を引き起こすことも少なくありません。

 

身体的な症状を引き起こすため、何科の病院を訪れるべきか迷いますが、その場合は総合病院がお勧めです。

 

うつ病の発症原因は精神的ストレスに限ったことではなく、病気や薬の副作用でうつ病になることもあるため、原因を探る上でも総合病院が賢明です。

 

精神疾患は専門医でも判断が異なる

 

セカンドオピニオンが普及したこともあって、複数の病院を受診する方も増えています。

 

外科的治療を伴う病気はレントゲンや血液検査など画像や数値で判断することが出来るため、病院によって病名が異なることは少ないです。

 

しかし、数値等で判断が困難な精神疾患の場合は、医師によって診断名が異なる場合も多く、患者は戸惑います

 

精神疾患も早めの治療が効果的

 

うつ病は症状にバラツキがあり、気分が優れる時には通常な生活も送れるため、治療が遅れがちになります。

 

また、日本では精神疾患に対して偏見があることも、治療を遅らせる要因になっています。

 

うつ病はギックリ腰などと同様に習慣化しやすい病気です。

 

うつ病を放置すると症状の周期を早まらせることになるため、早期に受信することが望ましいです。

 

うつ病は患者自身が自覚していないことも

 

正常な判断が低下することは精神疾患に共通していること、そのためうつ病患者自身では正常な判断が出来ないため、周囲のサポートは不可欠です。

 

しかし、精神疾患を患っている方は神経過敏になっているため、親しい関係であっても「貴方はうつ病、精神病」と指摘することは、サポートをする上で障害となります。

 

患者に病名を教える時は、医師を介してが望ましいです。

 

精神科病院では早期の治療が可能

 

総合病院で受診を受けても、継続した治療が必要なうつ病の場合は精神科病院が安心です。

 

総合病院の精神科は、軽度な精神疾患には対応できますが、患者を拘束する必要がある重度な精神疾患には対応していません。

 

そのため、総合病院で受診をしても、治療は精神科病院で行うよう紹介状が出されることは珍しくありません。

 

病院をたらい回しにされるくらいなら、はじめから精神科病院を利用したほうが早期の治療が可能です。