うつ病とパニック障害の2つの精神疾患の薬パキシルの効能と効果

 

パキシルとはSSRIと言われている薬で、うつ病や不安障害の精神疾患に使われている薬です。

 

今まで使っていた抗うつ剤より効きがよいと言う人も多いのですが、薬を飲み忘れたり、パキシルをやめる時の離脱症状が人によってはひどい副作用が出ると言います。

 

うつ病は一進一退しながら治っていく病気なので、薬の特徴や効能をしっかり知ってから服用するようにしましょう。

 

パキシルの特徴、効果

 

パキシルは気分を安定させ、セロトニンを増やす薬ですが、特に不安感を抑える効果があるのでパニック障害の薬として用いられます

 

うつ病の気分の落ち込みは、セロトニンが関係していて、セロトニンは神経と神経に情報を送り伝えることをしますが、このセロトニンが低下してくると気分が沈んだり、落ち込んだり気分障害になります。

 

パキシルは神経の間の濃度を高くし、セロトニンの再取り込みを阻害してくれるので、抗うつ作用や抗不安作用を期待することができます。

 

パキシルはセロトニンを増やす薬ですが、やる気や意欲を高める効果がある薬でもあります。

 

パキシルはうつ病やうつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷ストレス障害などの人の治療に主に使われている薬です。

 

パキシルの薬の強さ、使い方

 

パキシルはSSRIの薬の中でも強い薬と言われ、効果も高いが副作用も強い薬なので慎重に使わなといけません。

 

パキシルは少しずつ注意して様子を見ながら増やしていき、最初は10mgから飲みはじめ、1週間位経過を見て20mgから40mgに増量していきます。

 

効果はすぐには現れませんが、早い人では2週間ぐらい、遅くても1ケ月もすると気分の落ち込みや不安感がなくなってきます

 

飲みはじめと同時に副作用もすぐにでる薬で、吐き気が起こってきたり、イライラしたりそわそわと落ち着きのない行動になったりすることがあります。

 

パキシルの副作用が強く現れると自傷行為を起こして攻撃的になったりするので中止したり他のうつ剤に変更することもあります。