うつ病になるとどのような症状が起こる!?6つ症状をご紹介!

 

現代社会はストレス社会です。

 

子供も大人もストレスを抱えて生活をしています。

 

生きていく上ではストレスは付き物なのですが、ストレスに弱い人や大きなストレスに襲われてしまった人は「うつ病」を患ってしまう可能性が高くなります。

 

それでは「うつ病になるとどのような症状が出てくるのか」について6つの症状を基にご紹介します。

 

落ち込み

 

うつ病の症状として「落ち込み」があります。

 

うつ病になると小さい事に関しても不安を感じてしまいます。

 

うつ病の方は表情が薄くなるので、真顔の時間が増えます。

 

顔の表情は表に出る物なので、周りの人からも気づかれやすくなります。

 

イライラ

 

イライラするのも、うつ病の症状です。

 

うつ病になると感情のコントロールがしづらくなりますし、不安も一気に押し寄せてくるので、とてもイライラしてきます。

 

普段は温厚な人が、周りの人に当たってしまう事もしばしばです。

 

倦怠感

 

倦怠感もうつ病の症状の1つです。

 

何をするにも気力が湧かないので、部屋に座ってボーとしている事が増えます

 

本人も動かないとダメだとは分かっているのですが、それが出来ない為、お風呂などに入る回数なども減っていきます。

 

集中力の低下

 

うつ病になると、落ち着きが無くなります。

 

なので、集中力も低下してしまい、仕事や勉強などをしていても、ミスをしやすくなってしまいます

 

意欲の低下

 

意欲が低下してしまい、今まで楽しんでいた事が楽しくなくなるのも、うつ病の症状の1つです。

 

意欲がないが為に、常にボーとしてしまう事が増えてしまいます。

 

食欲不振

 

うつ病になると、食欲も無くなります。

 

特に焼き肉のような重たいメニューは食べられないので、バナナやヨーグルトのような、食べやすくて腹持ちの良い物を摂取するのが大事になってきます。

 

まとめ

 

うつ病にかかると、すぐにメンタルクリニックに行けるという事では無いです。

 

最近のメンタルクリニックは患者さんが多すぎるせいで「予約制」を取っている所が多いです。

 

なので「うつ病っぽいからメンタルクリニックに先生に診断してもらおう」となっても「申し訳ございません。予約制なので2週間後にお越ししてください」と言われてしまう例が多々あります。

 

ただ、うつ病の症状は上記に述べたように、種類も多いですし、1つ1つの症状が本人からしたら、とても辛いものです。

 

なので、新規の人でもすぐに診断され薬をもらえる仕組みを作っていくのが、今後の課題になっていきます。