どんな野菜から葉酸をうまく摂取することができるの?

 

葉酸サプリメントもコンビニなどで売られていますが、出来るだけ自然に葉酸を摂取したい方もいますよね。

 

そこで、葉酸が多く含まれている野菜をご紹介しましょう。

 

血液づくりにも効果的!

 

モロヘイヤ この20年くらいでモロヘイヤという野菜が私たちの食卓に徐々に根付くようになりました。

 

そんなモロヘイヤは、ネバネバ食品ということで、それだけでも、おすすめしたい(美容にも健康にも効果的らから)野菜ですが、葉酸も多く含みます。

 

モロヘイヤ100gに対して250μgの葉酸が含まれており、これは、女性が1日に摂取するべき葉酸量よりも高いです。

 

繊維質、そして、鉄分たっぷりなので、貧血や便秘も防ぐ効果があります。

 

夏の野菜の王様?!枝豆

 

おつまみによく使われている枝豆、これも、葉酸を多く含みます。

 

100g(皮をとった状態)に対して260μgの葉酸が含まれていますので、こちらも、1日に必要な女性の葉酸摂取量を超えることができます。

 

何よりもうれしいのは、カロリーが少ない野菜の中でもトップにおどり出る枝豆です。

 

そのため、がっつり安心して毎日継続して食べられるということです。

 

子供も大好きなかぼちゃ

 

かぼちゃは特に女性や子供が好む食べ物ですよね。

 

これも100gあたり75μgの葉酸が含まれるということで、モロヘイヤや枝豆よりは低くなりますが、それでも日常的に取り入れやすい食材となっているのでおすすめです。

 

飾りつけだけじゃない!実はすごいパセリ

 

香草というのは、どれも高い栄養分を誇っているものが多いです。

 

パセリもその1つであり、モロヘイヤや枝豆と同じような葉酸の含有量になっています。

 

お刺身などによくついてきて、これを捨てる人は多いですが、積極的に食べてみましょう。

 

そうすれば、ちょっとした量であっても、それなりの葉酸を摂取することができます。

 

パスタやスープなどにちょこちょこ入れるのもよいでしょう。

 

野菜からうまく葉酸をとるために、日頃からこれらの野菜を積極的に摂取しましょう。