副作用の少ないSSRIのレクサプロにもある3つにまとめた副作用

 

レクサプロとはうつ病に使われている薬で、日本に発売されたのは2011年からで比較的最近の新しい薬になります。

 

レクサプロは抗うつ薬の中でも非常に優れた薬で、副作用が少ないと言われているお薬になっています。

 

しかし、どんな薬でも副作用が100%ないと言う薬はなく、SSRIの薬で比較的多い副作用を3つにまとめて紹介したいと思います。

 

抗コリン作用で口の渇き、便秘やめまいやふらつき

 

抗コリン作用と言う抗うつ剤に多くみられる副作用で、口の渇き、便秘をおこします

 

抗コリン作用がつらい時は少ない抗うつ剤に変更したり、減らしたりします。

 

レクサプロの抗うつ剤はα1受容体を遮断して血圧を下げるのでふらつきやめまいが起こることがあります。

 

めまいやふらつきが辛い時は、少ない抗うつ剤に変更し、α1受容体の遮断が少ない薬に変える方法が行われます。

 

つらい吐き気、眠気、不眠

 

抗うつ剤で一番悩みが多い副作用であげられるのは眠気です。

 

抗うつ剤は気持ちを和らげリラックスさせるので必然的に眠けが伴うのが普通になるのですが、レクサプロは抗うつ薬の中でも眠けが少ないと言われている薬です。

 

それでも眠けを強く感じる人にはサインバルタに変更したり、抗うつ剤を減らし、生活環境に問題ないか確認をしてみます。

 

SSRIには眠気と不眠の両方の副作用があり、毎日眠いが浅い、睡眠がとれず眠った気がしないと訴える人もいます。

 

不眠が気になる人は薬を飲む時間を朝食後にしたり、うつ病が安定している人は、薬の量を減らして調整したりします。

 

性機能障害と体重増加

 

SSRIは性機能障害の副作用が多くあり、勃起しない、射精障害になることがあります。

 

抗うつ剤は二つの働きによって体重が増える副作用があり、抗うつ剤は食欲を抑えるヒスタミンの作用を遮断してしまうので食欲を抑えることができなくて過食になり太ってしまいます。

 

また、抗うつ剤は精神を安定させるので、気分が落ちつくことで代謝が悪くなり、脂肪が燃えにくい身体になるので太りやすくなります。

 

 

こちらサイトでは、更に詳しいレクサプロの副作用が書かれていました。

 

 

うつ病の原因となっているストレスを軽減していく3つの方法

 

うつ病になるとと何もやる気が起きなくなってしまったりネガティブな事ばかり考えてしまうようになるので会社で働く事が出来なくなってしまいます。

 

それでここ数年でうつ病が原因で会社を辞めてしまう人が増え続けています。

 

うつ病は人生を狂わせてしまう事も多いので、原因となっているストレスを軽減していく必要があります。

 

そこでうつ病の原因となっているストレスを軽減していくにはどのような方法があるのか見ていく事にしましょう。

 

人間関係で問題になっている人と関わるのを出来るだけ少なくする

 

ストレスを溜めてしまうのは主に人間関係が原因となっている事が多いです。

 

会社は組織なので仕事をする時に必ず人間関係が発生します。

 

それで中には気難しい人もいてコミニケーションを取るだけで気を遣ってしまう事もあります。

 

それでうつ病の原因となっているストレスを軽減するためには、人間関係で問題になっている人と関わるのを出来るだけ少なくすると効果的です。

 

仕事で必要最低限だけコミニケーションを取るようにして後は一切関わらない事を徹底するとストレスを軽減していく事が出来るので、うつ病になるのを予防していく事にも繋がっていきます。

 

仕事で失敗した時はすぐ切り替えるようにする

 

仕事で失敗した時はすごく落ち込んでしまう事も多いでしょう。

 

確かに失敗した時は落ち込んでしまいますが、いつまでも引きずってしまうとストレスを溜めてしまいうつ病になってしまいます。

 

それでうつ病の原因となっているストレスを軽減するためには仕事で失敗した事をいつまでも考えないようにしてすぐ切り替えると効果的です。

 

人間は必ず失敗する事があると考えるようにするとすぐ切り替える事が出来るのでストレスを軽減していく事が出来ます。

 

暑さ対策や寒さ対策をしっかりしておく

 

日本では四季の変化があるので寒暖差が激しいです。

 

それで暑さが苦手な人は夏にストレスを溜めてしまう事が多いですし、寒さが苦手な人は冬にストレスを溜めてしまう事が多いです。

 

それでうつ病になってしまう可能性もあるので暑さ対策や寒さ対策をしっかりしてストレスを軽減していく事も大切になってきます。

 

まとめ

 

うつ病の原因となっているストレスを軽減していく方法はこのようにあるので実際にストレスを溜めている人は実践してうつ病を予防していきましょう。