うつ病の治療は薬が主 どのような種類の薬が使用されるの?

 

うつ病の治療には、ほとんどの場合薬が用いられます。

 

ただ、初めてうつ病で専門医を受診するという人は、どのような薬が使用されるのか不安に思う人も多いかと思います。

 

そんな人のために、うつ病の治療にはどのような種類の薬が使用されるのがご紹介します。

 

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

 

SSRIは、最も一般的な抗うつ剤です。

 

効果としては、セロトニンの減少を改善し、量を増やす事があります。

 

うつの症状はこのセロトニンの減少が原因とも考えられているので、とても有効な薬と言えます。

 

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

 

こちらもSSRIと同じく抗うつ剤として良く用いられる薬の種類となります。

 

セロトニンの量を増やすとともに、ノルアドレナリンの量も増やす効果があります。

 

ノルアドレナリンとは、交感神経に働きかけ心身の覚醒や興奮、身体能力の向上を促してくれるものです。

 

三環系抗うつ剤(TCA)

 

こちらは、モノアミンを増やすことで、不安感や強迫性障害を改善する効果があります。

 

モノアミンとは、ノルアドレナリンやセロトニンなどの神経伝達物質です。

 

ただ、この三環系抗うつ剤は、効果が高い分副作用も強いので使用には注意が必要です。

 

抗不安剤

 

抗不安剤にはたくさんの種類があり、代表の薬としては「デパス」というものがあります。

 

効果の強さや副作用・作用時間などによって、多くの種類がある一方、体質に合うものと合わないものがあるので、見極めが難しい薬でもあります。

 

処方される際には専門医と十分に相談したうえで利用するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

うつ病に使用される薬には多くの種類があり、さらに種類ごとにたくさんの薬があります。

 

うつ病と一言に言ってもその人によって症状は違いますし、体質も違ってきます。

 

その為、自分に合った薬を見つけるのはとても難しいとも言えます。

 

さらに薬によっては、高い効果が得られる分副作用が強いものも少なくありません。

 

うつ病で薬を処方されるときには、専門医と相談してなるべくあった薬を選び、少しでも早く症状が改善されるといいですね。