うつ病で何科の病院を受診すべきか迷った時には、まずは総合病院へ

 

迷ったら総合病院

 

うつ病を発症すると、やる気が出ない・不安になる・感情がないなど精神的な症状だけではなく、手足が震える・吐き気がする・眠れないなど身体的な症状を引き起こすことも少なくありません。

 

身体的な症状を引き起こすため、何科の病院を訪れるべきか迷いますが、その場合は総合病院がお勧めです。

 

うつ病の発症原因は精神的ストレスに限ったことではなく、病気や薬の副作用でうつ病になることもあるため、原因を探る上でも総合病院が賢明です。

 

精神疾患は専門医でも判断が異なる

 

セカンドオピニオンが普及したこともあって、複数の病院を受診する方も増えています。

 

外科的治療を伴う病気はレントゲンや血液検査など画像や数値で判断することが出来るため、病院によって病名が異なることは少ないです。

 

しかし、数値等で判断が困難な精神疾患の場合は、医師によって診断名が異なる場合も多く、患者は戸惑います

 

精神疾患も早めの治療が効果的

 

うつ病は症状にバラツキがあり、気分が優れる時には通常な生活も送れるため、治療が遅れがちになります。

 

また、日本では精神疾患に対して偏見があることも、治療を遅らせる要因になっています。

 

うつ病はギックリ腰などと同様に習慣化しやすい病気です。

 

うつ病を放置すると症状の周期を早まらせることになるため、早期に受信することが望ましいです。

 

うつ病は患者自身が自覚していないことも

 

正常な判断が低下することは精神疾患に共通していること、そのためうつ病患者自身では正常な判断が出来ないため、周囲のサポートは不可欠です。

 

しかし、精神疾患を患っている方は神経過敏になっているため、親しい関係であっても「貴方はうつ病、精神病」と指摘することは、サポートをする上で障害となります。

 

患者に病名を教える時は、医師を介してが望ましいです。

 

精神科病院では早期の治療が可能

 

総合病院で受診を受けても、継続した治療が必要なうつ病の場合は精神科病院が安心です。

 

総合病院の精神科は、軽度な精神疾患には対応できますが、患者を拘束する必要がある重度な精神疾患には対応していません。

 

そのため、総合病院で受診をしても、治療は精神科病院で行うよう紹介状が出されることは珍しくありません。

 

病院をたらい回しにされるくらいなら、はじめから精神科病院を利用したほうが早期の治療が可能です。

 

 

多くのセロトニンを合成するために為に必要な食品紹介

 

セロトニンは食べ物から摂取することはできません。

 

しかし、セロトニンを体内で作るのに必要な食べ物を日々の食事のなかで摂ることが大切です。

 

覚えよう!『セロトニン三種の神器』

 

セロトニンの合成に必要な一つ目は、『トリプトファン』です。

 

これは、必須アミノ酸の一種です。

 

二つ目は、トリプトファンからセロトニンを合成するのに必要なエネルギー源となる『炭水化物』です。

 

三つ目は、トリプトファンからセロトニン合成を促す『ビタミンB6』です。

 

といっても、この中で直ぐに思い浮かぶのは『炭水化物』くらいだと思います。

 

では、実際にどのような食べ物に、セロトニンを合成するために必要な物質が含まれているのでしょうか?

 

「トリプトファン」も「ビタミンB6」もとても身近な食材から摂取することのできる成分です。

 

先ずはトリプトファンを含む食べ物から紹介しましょう。

 

トリプトファンを含む食べ物

 

  • 大豆製品(豆腐、納豆、味噌、醤油、枝豆、豆乳、きな粉など)
  • 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ、バターなど)
  • 鶏卵
  • 卵白
  • 魚卵(かずのこ、タラコ、スジコ、明太子など)
  • ゴマ
  • ナッツ
  • カツオ節
  • アボカド
  • バナナ

 

炭水化物を含む食物

 

  • 穀類(ご飯、麺類、パンなど)
  • いも類(さつまいも、じゃがいもなど)
  • 果物

 

ビタミンB6を含む食べ物

 

  • とうがらし
  • 米・米ぬか
  • にんにく
  • ガーリックパウダー
  • 生姜
  • バジル
  • パセリ
  • 魚類(サケ、サンマ、イワシ、マグロ、カツオ、サバなど)
  • 未精製の穀類(玄米、胚芽など)
  • 豆類(大豆、ヒヨコ豆、レンズ豆など)
  • バナナ

 

トリプトファンは、たんぱく質に多く含まれています

 

しかし、動物性たんぱく質はトリプトファンを血液から脳内に移動するのを阻害すると言われています。

 

ですから、魚や豆類をおすすめします。

 

上記からわかる通り、どれも身近にある食べ物でまかなえます。

 

どうしても食事に手間をかけていられない時におすすめなのは、『バナナ』です。

 

バナナには、トリプトファン、炭水化物、ビタミンB6が全て含まれています

 

そして、食べる時間も大事です!

 

これらを朝に摂取する事でスムーズなセロトニンの合成が行われるので、是非とも朝に食べていただきたいです。

 

 

生活改善でセロトニンを増やして毎日を楽しく過ごそう!

 

体内で重要な役割を果たしている神経伝達物質のセロトニン。

 

これが不足してしまうと精神面に大きな影響をあたえるきっかけとなり、うつ病や不眠などの原因となることが知られています。

 

そこで、セロトニンを増やす方法についてこの記事ではまとめてみることにしました。

 

食生活を改善する

まず、食事の改善から始めてみることにしましょう。

 

セロトニンはトリプトファンというアミノ酸を成分として作り出されています。

 

トリプトファンは牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、豆腐、みそなどの大豆製品、バナナや卵などに含まれています

 

また、セロトニンの合成にはビタミンB6の合成が必要なのでトウガラシや米ぬかなどをしっかりと摂取しましょう。

 

 

日光をたっぷり浴びる

 

次に、日光を浴びるようにしましょう。

 

現代は在宅ワークや倉庫内作業など日光を浴びないまま一日を終えてしまう仕事をしている人も多いかと思います。

 

しかし日光を浴びることによってセロトニン神経は活性化されることが分かっています。

 

毎日1回はできるだけ外に出るようにして日の光をしっかりと浴びましょう。

 

日光は電灯とは比べ物にならないほど照度が強く、セロトニン神経の活性度に大きな違いが生じることが分かっています。

 

すき間時間を活用しましょう。

 

体を動かす

 

次に運動もセロトニン不足に大きな改善をもたらすことが分かっています。

 

うつ病の治療にも運動が必要なことは多くの研究で報告されています。

 

具体的にはランニングや水泳などの単調な有酸素運動を行うことがよいとされています。

 

頭を使ったスポーツよりも単調な運動がよいということも研究によって明らかになってきています。

 

まとめ

 

このようにセロトニンを増やす方法について説明してきましたが、ほかにも十分な睡眠時間、他者との接触によって感情を動かすこと、薬物治療などが挙げられます。

 

人によってセロトニンを増やすのに適している方法は異なってきます。

 

健康な生活を基本的に心がけるようにしましょう。

 

それがセロトニンを増やす第一歩です。

 

 

セロトニン不足かどうかチェックするための3つの方法

 

セロトニン不足になると、うつ病になる可能性が高くなるなど、心配な面があるとされています。

 

自分で簡単にセロトニンが不足しているかチェックする方法について、ここでは見ていきたいと思います。

 

普段の生活習慣がどういう状態か

 

普段の生活習慣をチェックすることは、セロトニンの量が足りていないか簡単に確認できる方法となっています。

 

日中の時間帯に外出するなどして日光を浴びているかや、規則正しく生活できているかがキーとなっていきます。

 

昼夜逆転の生活が続き、日光を十分に浴びていない状況が続いている人は、セロトニンの量が不足する傾向にある可能性が高いとされています。

 

このような日常生活についての傾向は、セロトニンの量を簡潔に把握する契機になるのではないでしょうか。

 

運動不足に陥っていないか

 

慢性的に運動不足になっていると、セロトニンの分泌が進まなくなるとされています。

 

そのため、普段から軽いウォーキングなどの運動を行うように心掛けることが、セロトニン不足しない状態を作るのではないかと考えられています。

 

運動不足はセロトニンの不足を招くだけではなく、気分的にも上手にコントロールできなくなり、うつ病につながる可能性が高くなるのではないかと認識されています。

 

日頃から運動するように意識することが、最適な対処法になると言えるでしょう。

 

食生活が乱れていないか

 

食生活や食事の内容が乱れていると、セロトニンが不足する可能性が高くなるとされています。

 

そのため、食生活がバランスの取れていないものである場合には、その状態を改善してセロトニンの不足が発生しないように対策を進めることが良いと考えられています。

 

 

様々な栄養素や成分を摂取する食生活は、セロトニンが自然と増加するのではないかと考えられていることから、食生活のバランスや内容を振り返ることも、セロトニン不足に陥っていないか確認する手立てになるのではないかと思います。

 

 

まとめ

 

セロトニンが不足していないか確認する際には、いくかつのチェックポイントを設けることが良いと言えるでしょう。

 

どのチェック方法も簡単にできるものばかりであるため、自分で調べることが容易なのではないかと思います。

 

 

副作用の少ないSSRIのレクサプロにもある3つにまとめた副作用

 

レクサプロとはうつ病に使われている薬で、日本に発売されたのは2011年からで比較的最近の新しい薬になります。

 

レクサプロは抗うつ薬の中でも非常に優れた薬で、副作用が少ないと言われているお薬になっています。

 

しかし、どんな薬でも副作用が100%ないと言う薬はなく、SSRIの薬で比較的多い副作用を3つにまとめて紹介したいと思います。

 

抗コリン作用で口の渇き、便秘やめまいやふらつき

 

抗コリン作用と言う抗うつ剤に多くみられる副作用で、口の渇き、便秘をおこします

 

抗コリン作用がつらい時は少ない抗うつ剤に変更したり、減らしたりします。

 

レクサプロの抗うつ剤はα1受容体を遮断して血圧を下げるのでふらつきやめまいが起こることがあります。

 

めまいやふらつきが辛い時は、少ない抗うつ剤に変更し、α1受容体の遮断が少ない薬に変える方法が行われます。

 

つらい吐き気、眠気、不眠

 

抗うつ剤で一番悩みが多い副作用であげられるのは眠気です。

 

抗うつ剤は気持ちを和らげリラックスさせるので必然的に眠けが伴うのが普通になるのですが、レクサプロは抗うつ薬の中でも眠けが少ないと言われている薬です。

 

それでも眠けを強く感じる人にはサインバルタに変更したり、抗うつ剤を減らし、生活環境に問題ないか確認をしてみます。

 

SSRIには眠気と不眠の両方の副作用があり、毎日眠いが浅い、睡眠がとれず眠った気がしないと訴える人もいます。

 

不眠が気になる人は薬を飲む時間を朝食後にしたり、うつ病が安定している人は、薬の量を減らして調整したりします。

 

性機能障害と体重増加

 

SSRIは性機能障害の副作用が多くあり、勃起しない、射精障害になることがあります。

 

抗うつ剤は二つの働きによって体重が増える副作用があり、抗うつ剤は食欲を抑えるヒスタミンの作用を遮断してしまうので食欲を抑えることができなくて過食になり太ってしまいます。

 

また、抗うつ剤は精神を安定させるので、気分が落ちつくことで代謝が悪くなり、脂肪が燃えにくい身体になるので太りやすくなります。

 

 

こちらサイトでは、更に詳しいレクサプロの副作用が書かれていました。

 

 

うつ病の人との接し方で気を付けるべき3つのポイント

 

うつ病の患者と接する際には、気を付けることや意識するべきポイントがいくつか存在します。

 

特に重要な点に関して、3点確認していきたいと思います。

 

叱ることや励ますことは避ける

 

うつ病の人に対しては、叱ることや励ますことは避けることが望ましいです。

 

頑張るように促したり、甘えてはいけないなどと言ったりすることは、うつ病の人が最も辛いと感じることであると考えられています。

 

これまで苦しんできたからうつ病を発症してしまうということを、周囲の人が深く理解しておく必要があるのではないでしょうか。

 

叱咤激励は却ってマイナスになるということを把握して、うつ病の人とのコミュニケーションを図ることが、常に求められていくのではないかと思います。

 

健康な人への接し方と同じように

 

うつ病だからといって、特別な接し方をしようとすることも、望ましくないのではないかと考えられています。

 

うつ病の当事者は、健常者への対応と同じようにしてもらいたいと思っているため、特別な扱いをしないで通常通りの会話やコンタクトをとってあげるべきでしょう。

 

変に気を遣った振る舞いや態度は、うつ病の人たちにとってはあまり嬉しいものではないとみられています。

 

普段通りの対応を意識して、うつ病の人が余計な気苦労をしない環境を作ることが大切になると考えられています。

 

前向きな声掛けを

 

できるだけ前向きで、うつ病の人がポジティブな気持ちになれるように声掛けを進めることも、接し方として大切になるのではないかと捉えられています。

 

ネガティブな言葉や声掛けは、うつ病の人の治療や症状の改善にも、良くない影響をもたらす可能性があります。

 

そのため、前向きで気持ちが沈まないように声掛けを工夫していくことが、うつ病の人たちの周囲には待望されるのではないでしょうか。

 

うつ病の人に対しての接し方は、特別に難しいことをする必要はほとんどないと言えるでしょう。

 

健康な人と同じように対応したり、コミュニケーションをとってあげたりすることが、うつ病の患者たちにとっては一番嬉しいこととして実感されていくのではないかと思います。

 

 

うつ病の治療は薬が主 どのような種類の薬が使用されるの?

 

うつ病の治療には、ほとんどの場合薬が用いられます。

 

ただ、初めてうつ病で専門医を受診するという人は、どのような薬が使用されるのか不安に思う人も多いかと思います。

 

そんな人のために、うつ病の治療にはどのような種類の薬が使用されるのがご紹介します。

 

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

 

SSRIは、最も一般的な抗うつ剤です。

 

効果としては、セロトニンの減少を改善し、量を増やす事があります。

 

うつの症状はこのセロトニンの減少が原因とも考えられているので、とても有効な薬と言えます。

 

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

 

こちらもSSRIと同じく抗うつ剤として良く用いられる薬の種類となります。

 

セロトニンの量を増やすとともに、ノルアドレナリンの量も増やす効果があります。

 

ノルアドレナリンとは、交感神経に働きかけ心身の覚醒や興奮、身体能力の向上を促してくれるものです。

 

三環系抗うつ剤(TCA)

 

こちらは、モノアミンを増やすことで、不安感や強迫性障害を改善する効果があります。

 

モノアミンとは、ノルアドレナリンやセロトニンなどの神経伝達物質です。

 

ただ、この三環系抗うつ剤は、効果が高い分副作用も強いので使用には注意が必要です。

 

抗不安剤

 

抗不安剤にはたくさんの種類があり、代表の薬としては「デパス」というものがあります。

 

効果の強さや副作用・作用時間などによって、多くの種類がある一方、体質に合うものと合わないものがあるので、見極めが難しい薬でもあります。

 

処方される際には専門医と十分に相談したうえで利用するようにしましょう。

 

 

まとめ

 

うつ病に使用される薬には多くの種類があり、さらに種類ごとにたくさんの薬があります。

 

うつ病と一言に言ってもその人によって症状は違いますし、体質も違ってきます。

 

その為、自分に合った薬を見つけるのはとても難しいとも言えます。

 

さらに薬によっては、高い効果が得られる分副作用が強いものも少なくありません。

 

うつ病で薬を処方されるときには、専門医と相談してなるべくあった薬を選び、少しでも早く症状が改善されるといいですね。

 

 

うつ病の原因となっているストレスを軽減していく3つの方法

 

うつ病になるとと何もやる気が起きなくなってしまったりネガティブな事ばかり考えてしまうようになるので会社で働く事が出来なくなってしまいます。

 

それでここ数年でうつ病が原因で会社を辞めてしまう人が増え続けています。

 

うつ病は人生を狂わせてしまう事も多いので、原因となっているストレスを軽減していく必要があります。

 

そこでうつ病の原因となっているストレスを軽減していくにはどのような方法があるのか見ていく事にしましょう。

 

人間関係で問題になっている人と関わるのを出来るだけ少なくする

 

ストレスを溜めてしまうのは主に人間関係が原因となっている事が多いです。

 

会社は組織なので仕事をする時に必ず人間関係が発生します。

 

それで中には気難しい人もいてコミニケーションを取るだけで気を遣ってしまう事もあります。

 

それでうつ病の原因となっているストレスを軽減するためには、人間関係で問題になっている人と関わるのを出来るだけ少なくすると効果的です。

 

仕事で必要最低限だけコミニケーションを取るようにして後は一切関わらない事を徹底するとストレスを軽減していく事が出来るので、うつ病になるのを予防していく事にも繋がっていきます。

 

仕事で失敗した時はすぐ切り替えるようにする

 

仕事で失敗した時はすごく落ち込んでしまう事も多いでしょう。

 

確かに失敗した時は落ち込んでしまいますが、いつまでも引きずってしまうとストレスを溜めてしまいうつ病になってしまいます。

 

それでうつ病の原因となっているストレスを軽減するためには仕事で失敗した事をいつまでも考えないようにしてすぐ切り替えると効果的です。

 

人間は必ず失敗する事があると考えるようにするとすぐ切り替える事が出来るのでストレスを軽減していく事が出来ます。

 

暑さ対策や寒さ対策をしっかりしておく

 

日本では四季の変化があるので寒暖差が激しいです。

 

それで暑さが苦手な人は夏にストレスを溜めてしまう事が多いですし、寒さが苦手な人は冬にストレスを溜めてしまう事が多いです。

 

それでうつ病になってしまう可能性もあるので暑さ対策や寒さ対策をしっかりしてストレスを軽減していく事も大切になってきます。

 

まとめ

 

うつ病の原因となっているストレスを軽減していく方法はこのようにあるので実際にストレスを溜めている人は実践してうつ病を予防していきましょう。