うつ病になるとどのような症状が起こる!?6つ症状をご紹介!

 

現代社会はストレス社会です。

 

子供も大人もストレスを抱えて生活をしています。

 

生きていく上ではストレスは付き物なのですが、ストレスに弱い人や大きなストレスに襲われてしまった人は「うつ病」を患ってしまう可能性が高くなります。

 

それでは「うつ病になるとどのような症状が出てくるのか」について6つの症状を基にご紹介します。

 

落ち込み

 

うつ病の症状として「落ち込み」があります。

 

うつ病になると小さい事に関しても不安を感じてしまいます。

 

うつ病の方は表情が薄くなるので、真顔の時間が増えます。

 

顔の表情は表に出る物なので、周りの人からも気づかれやすくなります。

 

イライラ

 

イライラするのも、うつ病の症状です。

 

うつ病になると感情のコントロールがしづらくなりますし、不安も一気に押し寄せてくるので、とてもイライラしてきます。

 

普段は温厚な人が、周りの人に当たってしまう事もしばしばです。

 

倦怠感

 

倦怠感もうつ病の症状の1つです。

 

何をするにも気力が湧かないので、部屋に座ってボーとしている事が増えます

 

本人も動かないとダメだとは分かっているのですが、それが出来ない為、お風呂などに入る回数なども減っていきます。

 

集中力の低下

 

うつ病になると、落ち着きが無くなります。

 

なので、集中力も低下してしまい、仕事や勉強などをしていても、ミスをしやすくなってしまいます

 

意欲の低下

 

意欲が低下してしまい、今まで楽しんでいた事が楽しくなくなるのも、うつ病の症状の1つです。

 

意欲がないが為に、常にボーとしてしまう事が増えてしまいます。

 

食欲不振

 

うつ病になると、食欲も無くなります。

 

特に焼き肉のような重たいメニューは食べられないので、バナナやヨーグルトのような、食べやすくて腹持ちの良い物を摂取するのが大事になってきます。

 

まとめ

 

うつ病にかかると、すぐにメンタルクリニックに行けるという事では無いです。

 

最近のメンタルクリニックは患者さんが多すぎるせいで「予約制」を取っている所が多いです。

 

なので「うつ病っぽいからメンタルクリニックに先生に診断してもらおう」となっても「申し訳ございません。予約制なので2週間後にお越ししてください」と言われてしまう例が多々あります。

 

ただ、うつ病の症状は上記に述べたように、種類も多いですし、1つ1つの症状が本人からしたら、とても辛いものです。

 

なので、新規の人でもすぐに診断され薬をもらえる仕組みを作っていくのが、今後の課題になっていきます。

 

 

うつ病になりやすい人に見受けられる4つの特徴や傾向

 

うつ病になりやすい人には、性格についての面で特徴や傾向があるのではないかと考えられています。

 

どのような人がうつ病になる可能性が高くなるのか、見ていきたいと思います。

 

被害妄想が強い

 

被害妄想が強く、常に誰かから悪口を言われていると感じてしまう人は、うつ病になりやすくなると考えられています。

 

自意識過剰な人はこうした被害妄想が強くなる傾向にあるとみられ、うつ病との関連性も強くなると捉えられています。

 

他人からの目や評価を以上に気にしすぎないことが望ましいでしょう。

 

オン・オフの差が激しい

 

気持ちがオンの時とオフの時の差が激しい人は、うつ病になりやすい傾向が強くなると考えられています。

 

気持ちの上下や振れ幅が大きくなるため、うつ病に似た状態になってしまうことが多いとみられているためです。

 

気持ちや感情は、ある程度の上下があることは自然な状態ですが、極端にハイになっている時と落ち込んだ状態が繰り返すことは好ましくないとされています。

 

責任感がとても強い

 

普段から責任感が強い人も、他責できないことがうつ病に繋がりやすくなります。

 

人のせいにできなかったり、全ての責任を自分で抱え込んでしまいがちな人は、うつ病の可能性が高くなってしまうのではないかと考えられています。

 

仕事をしているときなどに、こうした責任感の強さは時として良く作用していくものの、度が過ぎた責任感は気持ちを押し潰しかねないため、注意するべきであると認識されています。

 

感情を自分の中に溜め込む

 

自分の気持ちや感情を周りの人にあまり伝えないという人も、感情が自然と抑圧されてしまうことからうつ病の可能性が高まると考えられています。

 

普段から適度に感情を人に伝えていくことを習慣化させることで、上手に気持ちをコントロールして、うつ病の確率を下げることにも直結すると思います。

 

全ての感情を我慢する必要はなく、周囲の人と柔軟に互いの気持ちを伝え合うことが望ましいのではないでしょうか。

 

うつ病になりやすい人は、我慢しやすい人や気持ちを自分の中に溜め込む人が多いことが明確であると考えられています。

 

普段から感情をセルフコントロールし、気持ちを伝えることがリスクを下げることにも関わるとみられています。

 

 

うつ病とパニック障害の2つの精神疾患の薬パキシルの効能と効果

 

パキシルとはSSRIと言われている薬で、うつ病や不安障害の精神疾患に使われている薬です。

 

今まで使っていた抗うつ剤より効きがよいと言う人も多いのですが、薬を飲み忘れたり、パキシルをやめる時の離脱症状が人によってはひどい副作用が出ると言います。

 

うつ病は一進一退しながら治っていく病気なので、薬の特徴や効能をしっかり知ってから服用するようにしましょう。

 

パキシルの特徴、効果

 

パキシルは気分を安定させ、セロトニンを増やす薬ですが、特に不安感を抑える効果があるのでパニック障害の薬として用いられます

 

うつ病の気分の落ち込みは、セロトニンが関係していて、セロトニンは神経と神経に情報を送り伝えることをしますが、このセロトニンが低下してくると気分が沈んだり、落ち込んだり気分障害になります。

 

パキシルは神経の間の濃度を高くし、セロトニンの再取り込みを阻害してくれるので、抗うつ作用や抗不安作用を期待することができます。

 

パキシルはセロトニンを増やす薬ですが、やる気や意欲を高める効果がある薬でもあります。

 

パキシルはうつ病やうつ状態、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷ストレス障害などの人の治療に主に使われている薬です。

 

パキシルの薬の強さ、使い方

 

パキシルはSSRIの薬の中でも強い薬と言われ、効果も高いが副作用も強い薬なので慎重に使わなといけません。

 

パキシルは少しずつ注意して様子を見ながら増やしていき、最初は10mgから飲みはじめ、1週間位経過を見て20mgから40mgに増量していきます。

 

効果はすぐには現れませんが、早い人では2週間ぐらい、遅くても1ケ月もすると気分の落ち込みや不安感がなくなってきます

 

飲みはじめと同時に副作用もすぐにでる薬で、吐き気が起こってきたり、イライラしたりそわそわと落ち着きのない行動になったりすることがあります。

 

パキシルの副作用が強く現れると自傷行為を起こして攻撃的になったりするので中止したり他のうつ剤に変更することもあります。