知らないと損かも!葉酸の効果とはどんなことがあるの?

栄養素についてよく知っていると思っていても、案外と知らない栄養素もあるものです。

 

そんな栄養素の中でも特に注目をされているのが葉酸です。

 

葉酸は、いろいろな効果を持っています。

 

ここでは葉酸の効果についてご紹介します。

 

・貧血を防止する
女性は特に、貧血について気になるのではないでしょうか。

 

生理等があるとふらつくこともあります。

 

そして体がだるくなるので、本当になんとかしたい症状ですね。

 

その貧血に対して、食事でサポートするのが一番ですがそれができないということが多いのです。

 

それはなんといっても、食べにくかったりするということ。

 

鉄分を増やすことが出来る薬もありますが、それを飲むと気分が悪くなることも。

 

そんなときには、葉酸を摂取するといいですね。

 

・妊娠時に効果が絶大
葉酸は妊婦さんが飲むといいと言われています。

 

それは、なんといっても染色体異常を防ぐことができると言われているからです。

 

その細胞分裂の時期の妊娠初期には、ぜひ葉酸を摂取したいですね。

 

その後の体調をよくしたり、貧血を防止するので体のだるさを防ぐことが出来るなど、たくさんのサポートを受けることができます。

 

妊娠時には、欠かすことができない栄養素となっています。

 

・妊娠しやすくなる
葉酸は、妊活をしている人にも良いと言われています。

 

それは、妊娠しやすい体つくりをサポートする働きがあるということです。

 

ストレスを解消したりすることも出来るので、妊活時には欠かすことができない栄養素となっています。

 

自分で抱え込んでいるストレスは、とても大きなものです。

 

そしてそれは、とても辛いです。

 

そんな辛いストレスを、葉酸で軽くしましょう。

 

また葉酸は、元気になることが出来る栄養素がたっぷりとつまっています。

 

それはとても大切なことですね。

 

妊娠をするためには、元気な体でいることが大切です。

 

その元気を維持できる栄養素として葉酸があります。

 

葉酸を摂取して、明るい妊活を行いましょう。

 

赤ちゃんの為に慎重に選びたい、失敗しない葉酸サプリの賢い選び方

・葉酸サプリは信頼できるメーカーを選ぶ
最近では、葉酸が胎児の先天的な奇形のリスクを下げるとして、妊婦の摂取が推奨されています。

 

その為に多くの葉酸サプリが販売されているのですが、どれを選んだら良いのか分からないという人も多いでしょう。

 

葉酸サプリを選ぶ際には、産婦人科医に相談すれば良いものを紹介して貰えます。

 

しかし独自の判断で購入しようと思ったら、一番大切なのは信頼できる会社の製品であることが大切なのです。

 

サプリは健康食品で医薬品ではないので、比較的業者が参入し易い業界です。

 

販売しているその他の製品や会社の実績、口コミもしっかりと確認しましょう。

 

・GMPマークがついていること
GMPとは、厚生労働省により、一定の品質に保たれて安全に製造されたと証明される製品に付けられるマークです。

 

健康食品の安全の目安になりますので、必ず確認しましょう。

 

・ビタミンの含有量にも注目
葉酸は、他の栄養素と同時に摂取することでより効果を発揮します。

 

特にビタミン類と一緒に摂取すると、妊婦や胎児に以下の様な良い影響が期待できるのです。

 

ビタミンB6:  動脈硬化の原因となる物質の生成を抑えてくれます。

 

ビタミンB12:  ヘモグロビン合成を促し悪性貧血を防ぐ他、DNAの合成もサポートします。

 

ビタミンC: 皮膚や骨・歯を丈夫にして鉄分の吸収をサポート、免疫力をアップさせます。

 

・カルシウムも配合されていると良い
妊婦さんにとって不足し易い栄養素のに「カルシウム」があります。

 

カルシウムは妊婦だけではなく胎児の骨格を形成する上で大切な栄養素です。

 

カルシウムは中々十分な量を摂取しにくいので、葉酸サプリに含まれているのが理想です。

 

・原材料が明記されていること
葉酸サプリは妊婦と胎児の健康の為に飲み続けるものです。

 

原材料に少しでも不明な成分が表記されているものは避けた方が良いでしょう。

 

「○○抽出物」「○○エキス」等は、実際にどの様な成分か良く分からないので、問い合わせた方が安心です。

 

更に、原材料に関しては放射線検査をクリアしていることも大切です。

 

葉酸サプリは長く飲み続けることで少しずつ効果が表れてくるものです。

 

安心安全で、長く続けられる製品を選ぶ様にしましょう。

 

どんな野菜から葉酸をうまく摂取することができるの?

葉酸サプリメントもコンビニなどで売られていますが、出来るだけ自然に葉酸を摂取したい方もいますよね。

 

そこで、葉酸が多く含まれている野菜をご紹介しましょう。

 

1.血液づくりにも効果的!モロヘイヤ
この20年くらいでモロヘイヤという野菜が私たちの食卓に徐々に根付くようになりました。

 

そんなモロヘイヤは、ネバネバ食品ということで、それだけでも、おすすめしたい(美容にも健康にも効果的らから)野菜でしが、葉酸も多く含みます。

 

モロヘイヤ100gに対して250μgの葉酸が含まれており、これは、女性が1日に摂取するべき葉酸量よりも高いです。

 

繊維質、そして、鉄分たっぷりなので、貧血や便秘も防ぐ効果があります。

 

2.夏の野菜の王様?!枝豆
おつまみによく使われている枝豆、これも、葉酸を多く含みます。

 

100g(皮をとった状態)に対して260μgの葉酸が含まれていますので、こちらも、1日に必要な女性の葉酸摂取量を超えることができます。

 

何よりもうれしいのは、カロリーが少ない野菜の中でもトップにおどり出る枝豆です。

 

そのため、がっつり安心して毎日継続して食べられるということです。

 

3.子供も大好きなかぼちゃ
かぼちゃは特に女性や子供が好む食べ物ですよね。

 

これも100gあたり75μgの葉酸が含まれるということで、モロヘイヤや枝豆よりは低くなりますが、それでも日常的に取り入れやすい食材となっているのでおすすめです。

 

4.飾りつけに使われるけど、実はすごいパセリ
香草というのは、どれも高い栄養分を誇っているものが多いです。

 

パセリもその1つであり、モロヘイヤや枝豆と同じような葉酸の含有量になっています。

 

お刺身などによくついてきて、これを捨てる人は多いですが、積極的に食べてみましょう。

 

そうすれば、ちょっとした量であっても、それなりの葉酸を摂取することができます。

 

パスタやスープなどにちょこちょこ入れるのもよいでしょう。

 

野菜からうまく葉酸をとるために、日頃からこんな野菜を積極的に摂取しましょう。

 

葉酸欠乏症とは?その病気はどんな症状がおきるのか?

葉酸は、妊活時や妊娠をすると積極的に取ることが望まれています。

 

そのため、葉酸不足にならないようにサプリなども多く販売されるようになりました。

 

葉酸を食事から取ることができない人は、サプリを飲んでいる人が多いです。

 

それだけ、葉酸が必要な栄養素であることが認知されつつあります。

 

しかし葉酸が欠乏すると、どんな状態になるのでしょうか。

 

そのことを理解して、摂取したいですね。

 

ここでは葉酸欠乏症とその症状についてご紹介します。

 

・葉酸欠乏症とは
葉酸欠乏症とは、葉酸が体の中に不足している状態を示しています。

 

葉酸が欠乏するのは、葉酸をとっていると思っても、十分に取れていないことがあります。

 

それは葉酸は、水に溶けやすいのでその食材を自ら茹でたりするとその葉酸の栄養素が半減してしまうこともあるのです。

 

葉酸をとっていると思っても、油断することはできません。

 

また、アルコールは葉酸の体への吸収を阻害することがあるので、アルコールを大量に摂取してる人は葉酸欠乏症になりやすいです。

 

・葉酸欠乏症はどんな症状があるのか
葉酸が欠乏すると、まず貧血になることが多いです。

 

貧血になり、ふらついたり動いたりすると動悸がするなどの症状が見られるようになります。

 

また、皮膚症状の現れることがあります。

 

軽いものでは化粧ノリが悪くなる、ひどくなると粘膜がただれてしまう等があります。

 

そのため、美容面でもかなり心配ですね。

 

・葉酸欠乏症を予防するためには
葉酸欠乏症を予防するためには、葉酸を多く含む食材を取ることが大切です。

 

そしてそれらを出来たら、茹でたりせずにそのまま食べることが出来る調理方法を考えましょう。

 

調理に仕方により、かなりの葉酸の栄養素を取ることができます。

 

また食事で取ることが難しい場合は、ドリンクやサプリなどを利用することをおすすめします。

 

サプリなら、毎日手軽に摂ることができますね。

 

しかも、一日に必要な量を含んでいるサプリが多いので安心して使うことができます。

 

葉酸を多く含む食べ物はどんなもの?食べやすいものがベスト!

葉酸は、妊娠中や妊活中にとてもよい栄養素と言われています。

 

特に妊娠中には、鉄分が不足してふらつき等を起こしやすくなるので鉄分の多い葉酸を取りたいですね。

 

しかし、妊娠中などに食べることができない時期もあります。

 

そんな時、比較的食べやすくて葉酸をたっぷりと含む食べ物をご紹介します。

 

・海藻類
妊娠中は、便秘になりやすいので海藻類を取ることを勧めらることも多いです。

 

そんな海藻類は、葉酸も多く含んでいます。

 

食物繊維が多いことと、葉酸を多く含む食べ物としてありがたいですね。

 

その海藻の中でも特に食べやすいのはノリではないでしょうか。

 

ノリだったら、胸につかえることもないので、つわりの時期にも食べることができます。

 

ちょっとづつ食べてもいいので、一日小さくカットされたものを10枚ぐらい食べるようにしましょう。

 

・ほうれん草
ほうれん草は、鉄分を多く含むとても優秀な食材です。

 

そのため、妊娠をしている時以外の時でも多くの人が貧血防止や元気になりたいと思って摂取することがあります。

 

ほうれん草は、生で食べることが一番です。

 

それは、葉酸は水に溶けやすいからです。

 

そのままスープとして飲む場合は、問題ありませんな、茹でることにより、葉酸の栄養素が少なくなってしまいます。

 

できれば生でサラダなどで食べることをおすすめします。

 

・アボガド
アボガドは女性が好きな食べ物として、とても人気がありますね。

 

そのアボガドは、葉酸を多く含んでいます。

 

それは、とても嬉しい事でないでしょうか。

 

アボガドは、生で食べることが出来るのでたっぷりの葉酸を摂取することができます。

 

サラダにしてもいいし、お寿司の具材としても使うことができます。

 

そんなふうに、アレンジをきかせていろいろな料理に使うようにしましょう。

 

妊娠初期には、食べにくいと思っている人は、ほかの食材を食べるようにします。

 

自分が食べやすいと思っている食べ物をチョイスして、積極的に食べることをおすすめします。

 

葉酸が必須!妊活のためにはいつからいつまで飲めばいい?

妊活、妊娠中の女性にとって注目すべき栄養である葉酸ですが、いつからいつまで飲むべきなのか、判断に困っているというかたも少なくないでしょう。

 

結論からいってしまえば、必要性を感じた時にできるだけ早めに飲み始めることがベターですし、出産してからも長く女性と赤ちゃんの健康維持のために役立つ栄養ですから、その後何年も飲み続けてかまいません。

 

まずは何よりも、妊活と妊娠への葉酸の関わりかたと働きを知っておくことが大切です。

 

▼葉酸の摂取で得られる嬉しい効果
葉酸が母体に不足してしまうとお腹の中で赤ちゃんが育ちにくくなってしまい、先天性障害を抱えるリスクが増加してしまうという問題があります。

 

特に懸念されているのが妊娠初期の神経の発達不足で、脳や脊髄に障害が出たり、身体の形成が上手くいかずに流産や死産の確率を上げてしまうのです。

 

しかし、葉酸を摂取して母体に満たしておくことで、このリスクを低下させることが研究でわかりました。

 

また、葉酸の造血作用で母体の貧血予防にも役立ちますし、血液を介して赤ちゃんに栄養と酸素をスムーズに与えることができるようになります。

 

血行促進によって子宮の働きが活性化されますから、着床率のアップにも繋げられるのです。

 

▼いつから飲んだらいいのか
必要性を感じたらすぐにでも飲むべきだ、というのは、葉酸の摂取を始めてもすぐにその栄養が身体に行き渡るわけではないからというのが理由です。

 

妊娠を望んでいるのであれば、少なくとも妊娠をする1ヶ月前から摂り入れるのが望ましいとされています。

 

でも、実際には狙って妊娠できるわけではありませんよね。

 

だからこそ思い立ったが吉日、飲もうと思った時から飲み始めるのがおすすめです。

 

もちろん、妊娠前から飲み始められなくても、妊娠して葉酸を母体と胎児のために役立てられます。

 

遅すぎるということはありませんよ。

 

▼いつまで飲んだらいいのか
赤ちゃんを産んだらもう葉酸は必要ない、ということはありません。

 

出産してからも母乳を通じて母体の葉酸を赤ちゃんに届けることができます。

 

細胞分裂を活性させ、赤ちゃんの成長に欠かせない葉酸ですから、少なくとも母乳を与えている期間は継続的に葉酸を飲み続けるのがおすすめです。

 

妊活中は1日400μg、妊娠中や出産後も240μg程度は摂れるように、サプリメントを上手く活用していきましょう。